2013年2月13日 (水)

URL

2011年3月17日 (木)

大阪医師の求人:震災にあった皆様頑張って!

大阪 医師 求人の化合物は、インスリン分泌を促すホルモンの一つ「グルカゴン様ペプチド1」(GLP-1)に似せている。GLP-1は、血糖値が高くなり過ぎるとインスリンの分泌を促すが、化合物は低血糖の危険性が小さく、かつ、血中濃度が長時間維持される。大阪の医師求人は、このため1―2週間に1回の注射で済むとみられている。

大阪医師募集が既に第Ⅰ相臨床試験中だが、今後は両社で計画策定し開発を進める。費用負担と厚生労働省に対する製造販売の承認申請は両社が、販売は別ブランドとして両社が扱う。

2011年2月21日 (月)

ふぃぶレートの体内時計と神奈川横浜の医師募集・求人

研究グループは、高脂血症治療薬「フィブレート」が時計を変化させることを発見したと発表した。マウスに食べさせたところ、活動が約3時間早起き側にずれたという。
今回の発見は、睡眠障害治療薬や時差ぼけ改善薬などの開発につながると期待される(医師募集 医師求人 神奈川横浜)。

体内時計は、ほとんどの生物が時間周期で刻む生体リズム。産総研ではすでに、食事との関係に着目した研究から、脂質の代謝システムが体内時計に強く制御されていることを見つけている(医師募集 医師転職 神奈川横浜)。

今回、脂肪酸の代謝で中心的な役割を持つ細胞核内の受容が体内時計の調節にかかわっていることと、作用するフィブレートが体内時計のリズムを変化させることを明らかにした(医師転職 医師求人 神奈川横浜)。

マウスは夜行性で、通常の明暗環境下の活動時間帯は夜間(暗期)に限られている。マウスに、フィブレートを餌とともに投与すると、活動時間帯が3時間程度前進、早寝早起きになった。

2011年1月29日 (土)

老人内科医師募集のイレッサ

老人内科医師募集のイレッサ訴訟の和解勧告について、政府は1月28日、和解を拒否すると発表した。一方で、老人内科医師の原告が求めている募集薬害の再発防止への取り組みや抗癌剤の副作用被 害救済制度の創設などについては、前向きな姿勢を示した。また、B型肝炎については、札幌地裁が1月11日に示した和解案を基本的に受け入れると表明した。
老人内科医1月28日、文部科学省は医師の第2回「今後の医学部定員の在り方等に関する検討会」を開催。日本病院会会長で聖隷浜松病院院長の堺常雄氏と、済生会栗橋病院副病院長の本田宏氏、2006年にまとめられた厚生労働省募集の「医師募集の需給に関する検討会」で医師数の推計を手がけた日本医大医療管理学教室教授の長谷川敏彦 氏に対するヒアリングを行った。中断されていた心停止ドナーからの膵島移植が、老人内科医今年4月から再開される。福島県立医師大臓器再生外科医師で日本膵・膵島移植研究会会長の後藤満一氏によれ ば、高度医療(第3項先進医療)募集の枠組みの中で臨床研究として実施する。対象は、老人内科医師募集重症低血糖発作を伴うインスリン依存性糖尿病患者とし、近く老人内科患者募集を開始する予定という。

無料ブログはココログ